3Rの取り組み      


ブル-バス株式会社では、

1.環境汚染物質の削減、

2.省資源・省エネルギー

3.物質的循環

を3本の柱・3Rにして、環境への取り組みをおこなっております。

 

環境理念

地球環境保全は社会的使命と認識し、資源保護また環境負荷の低減をはじめとする環境保全活動に全従業員で社業を通じて取り組みます。

Reduse

環境汚染物質の削減

  1. 低公害バスなどの積極的な導入など、窒素酸化物や粒子状物質またはCO2などの環境汚染物質を適正に管理し削減に努めます。
  2. 新長期規制に適合した車両を順次導入しております。これらの車両では、従来の車両より粒子状物質(PM)が85%、窒素酸化物(NOx)が40%削減されます。
  3. バス利用促進への働きかけを行います。

 

Reuse

省資源・省エネルギー

  1. 弊社では、地球温暖化や大気汚染防止への取り組みの一環として、バス停留所、車庫、待機場等でエンジンを停止する、「アイドリングストップ」を実施しています(酷暑時、厳寒時を除きます)。 アイドリング停止時は冷暖房がOFFになっておりますので、 お客さまのご理解とご協力をお願いいたします。
  2. 無駄な空ぶかしの禁止による燃料保持を図り、タイヤの摩耗を防ぐため急発進、急加速、急ブレーキを避ける等、運行記録計の記録等により問題のある乗務員については適切な運転方法を個別に指導を行い省エネルギーに努めます。
  3. 弊社事務部門では環境省の推進するクール・ビズ、ウォーム・ビズを実施するとともに、冷暖房温度の適正化に取り組んでいます。 

 

Recycle

物質的循環

  1. 配布パンフレット等を環境にやさしい紙製品への変更し、資源を有効利用しリサイクルに努め、廃棄物の低減を実現します。

 

  • 「低炭素社会」と「循環型社会」を実現し、地球環境を維持・向上させることが、持続的な事業活動の継続には不可⽋と考え、事業活動における環境負荷低減、お客様を含めた社会における環境負荷低減に積極的に取り組み、地球環境に貢献していきます。
  • 環境対策を経営課題の一つとして環境管理の組織・運営制度を整備し、社内外の環境保全活動に取り組みます。