平成30年度 安全輸送マネジメント

 ブルーバス株式会社では、国土交通省にて定められた「運輸安全マネジメント」に積極的に取り組み、運転手をはじめとした全社員が一丸となって「安全第一」を考え、安全への取り組みを徹底しております。お客様に「安全・安心」なサービスを提供し、

 そして気持ちの良い旅客サービスに努めてまいります。

Ⅰ 企業理念

  • 安全の最優先はお客様の安心、安全な運行は当社の基本理念。
  • 安全の第一歩は、ゆとりのある職務遂行と十分な車輛整備から。

Ⅱ 輸送・安全に関する基本方針

  1. 代表取締役は、輸送の安全確保が事業経営の根幹である事を深く認識し、社内において輸送の安全主導的な役割を果たしていきます。また、安全に関する社員の声を真摯に聞くなど、現場部門の現状や状況を的確に把握し社員に対し輸送の安全確保が重要であるという意識を徹底させていきます。
  2. 輸送に関するPlan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Action(改善)等を確実に実践し、安全対策を見直し全社員が一丸となって業務を遂行し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  3. 輸送の安全に関する情報に付いては、積極的に公表します。
  4. 重大事故等が発生した場合に備え「重大事故発生時の対応について」を別に作成し、被害を最小限におさえます。また、緊急連絡網を別に作成し事故・災害等が発生した場合の連絡体制を整備します。

 

Ⅲ 輸送・安全に関する重要施策

  1. 輸送の安全確保が最も重要であると言う認識を徹底し、関係法令及び安全管理規定に定められた事項を遵守いたします。
  2. 輸送に関する費用支出及び投資を積極的にかつ効率的に行うよう努めます。
  3. 輸送の安全管理体制の内部監査を、毎年年度末に実施し問題点を洗い出し、必要な是正措置また予防措置を講じます。ただし、重大事故等が発生した場合は、随時、内部監査を実施します。

平成30年4月1日

ブルーバス株式会社

代表取締役社長 根本 和幸